2009年07月07日

ドイツ料理2

ドイツ料理が、日本で紹介された時に、
はじめてそれを食べた人たちの話が、
軽井沢をはじめとして全国に残っています。
どんなだったかと言いますと、

吐いたんです!
胃腸を悪くしたんです!
ウンウン唸って寝込んだ人もいた。


その逆に全く異常の無かった人もいました。

上智大学名誉教授である渡部昇一氏も、よく吐いたらしい。
肉が食べられなかったんですね。
なぜか、そういう人が続出した。

実は、現在では、原因は分かっています。

当時の日本人の胃腸が肉食に
適応してなかったのです。


そのために吐いてしまった。
バターや他の乳製品も受け付けなかった。
そのくせ、パンやキャベツは食べても問題がなかった。

実は現代でも、ベジタリアンになると、
同じような症状がおきることがあります。
食べたくても肉が食べられなくなるのです。
胃腸が先祖帰りするんですね。

マクロビなんかやってる人に、
そういう症例が多いですね。
で、彼らは肉は体に悪いと思い込むわけです。
しかし、それは錯覚というものでしょう。
ドイツ人も、日本人も平均寿命に大差はないからです。

国別で言うと、上位25位の中で
草食な国は、3カ国(日本・香港・シンガポール)だけで、
あとは全部、肉食国家だからです。
(ソース)
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/1620.html


ちなみに、大正時代当時でもドイツ料理を抵抗なく
食べれた日本人たちもいました。
魚を食べる漁師たちや、
ウサギや山鯨(イノシシ)を食べる山間部出身の人たちです。
胃腸が肉食に適応していたんですね。
そういう人たちは、ドイツ料理を食べると
逆に体調が良くなったと言います。

しかし、大正時代の日本の人口の大半をしめる
ベジタリアンたちは、体調が悪くなったので
「やっぱ、健康には野菜だよ!」
と確信をもったことでしょう。

しかし、ドイツでは、逆でした。
肉を食べられる階級の貴族たちの寿命が
70歳から90歳という長寿であるのに対して
滅多に肉を食べられなかった農奴たちが、
40歳くらいでバタバタと死んでしまった。
そのために、ドイツ料理が
肉食ばっかりになってしまうのです。

(日本でも肉食の普及とともに平均寿命が延びています)


実際、ドイツ旅行すると、肉料理ばかりなのです。
たまにレタスなんかを見かけるのですが、上げ底なんですよ。
サンドイッチに、はみだしているレタスが、
上げ底で、パンの中にほとんど入ってない。
そのくせ、ソーセージやハムやカツなんかは、
パンからはみ出るくらい巨大なんです。
日本のものより5倍くらい肉の分量が多い。
こうなると、いいかげん、うんざりしてきますね。


それからレストランに行っても、
あまりにも肉食系統の料理が多いので
「生野菜を食たい!」
と叫びたくなるんですよ。

だから野菜をもとめて、何度もトルコ料理に入った。
それほどドイツ料理には、肉が多い。

たとえば、ハンバーグ!

立派なドイツ料理です。
正式名称は『ハンブルグステーキ』です。

実は、私は肉が大好きなのですが、
その私でさえ、ドイツの野菜料理の
少なさに、あきれかえってしまった。
で、日本に帰って真っ先に食べたのが、生野菜でした。

今思えば、肉好きとはいうものの、
自分は野菜人間だったのだなあと思いました。
肉は、3日食べなくても我慢できるけど、
野菜は、3日食べないと、イライラしてくるからです。
しょせん草食の日本人であったのだなあと。
つくづく、思い知らされました。

posted by 風 at 14:57| Comment(3) | 日本とドイツの交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もダンナも、肉好きを自負していましたが、連日の豚肉とジャガイモ、それから、ザワークラウトには、後半閉口しました…。

インビスで、シシカバブサンドを食べた時は、新鮮な感じでした…!
…って、結局、肉か。

日本帰ったら、天ざるうどんを食べた私です…(これはエビだから魚介類)。

けど、ヨーロッパの人って、本当に野菜を日本人ほど摂取しないみたいですよねぇ。

やはり、国土や風土の差なんでしょうね。
Posted by みわぼー at 2009年07月08日 01:13
ドイツに行ったら、死ぬかもしれない(笑)
日本は水分が多いのでしょう。
その分、カビとかもいるのですが。

何を食べても平気!って言う人が最強でしょうね。どこへ行っても、どこに住んでも。
Posted by ささらー at 2009年07月08日 11:31

 思うんですけれど、どんなに肉好きの日本人でも、野菜好きのドイツ人よりも、野菜を食べる量は多いと思いますね。私たち日本人は、肉ばっかり食べることは不可能なんだと思うのですよ。

 逆にベジタリアンのドイツ人は、どこか病気ぽくみえますね。なんか無理がある感じがする。外見からして、ちょっとドイツ人ぽくないですね。それにナチス(彼らはベジタリアンだった)をはじめとして、ドイツ人のベジタリアンには、時々、凶暴な人がいますね。なんか体に無理をさせてイライラしている感じです。
 アインシュタインもベジタリアンでしたけれど、ドイツ嫌いで有名で、ドイツ国籍を放棄しましたね。ドイツ人の体格にベジタリアンは、あわないような気がします。と同時に、多くの日本人も、ドイツ流肉食に閉口するだろうなあ。
Posted by マネージャー at 2009年07月09日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。