2009年06月16日

5 ドイツの宿を予約

5 ドイツの宿を予約

宿屋からみたヨーロッパ5 ドイツの宿を予約

 20年前、ヨーロッパを放浪したときのことですヨーロッパは、それもドイツは、世界で一番旅がしやすいと感動したことがあります。というのも、街には必ずツーリストインフォメーションがあって、そこに行けば、宿も、観光資料も完璧に揃っており、英語も通じるからです。しかも日本語資料まで売っていたりする。

 大都市や有名観光地なら、駅にかならずあったし、街中にも2〜3箇所くらいあったりしました。また、小さな都市や田舎であっても役場に行けば、ありました。場所の特定は、簡単で、駅を降りると市街マップのある看板を見つけるだけでいい。マップには、ツーリストインフォメーションのマークがありますから、その地図で場所を調べるだけでいい。

 ツーリストインフォメーションでは、財布にあった宿を紹介してくれ、地図をくれます。宿が決まったら2時間以内にチェックインする。そして、宿に荷物を置いて観光に出かけるのです。つまり朝早く宿を決めて荷物を置かせてもらって旅に出る。これがヨーロッパのバックパッカーの旅のスタイルなんですね。

 2009年の私も、そのつもりでドイツに旅立ったのですが、ツーリストインフォメーションが無い。あっても、日曜祝日で休みだったりするのに遭遇して愕然としました。二十年前のミュンヘンのツーリストインフォメーションは、受付に5人ぐらいの人がいて、旅人でごったがえしていましたが、2009年5月末のミュンヘンには、2人しかいなくて、旅人もいなくてフロアーも閑散としています。あきらかにツーリストインフォメーションは、縮小気味になっているのです。

「ミュンヘンでこれでは、田舎に行ったらどうなるのだ?」
「さてはインターネットの時代になったのか?」

 これでは、旅が不安でしょうがない。
 仕方なく、インターネットカフェをさがし、
 ブッキングコムで自力で
 3泊先までの宿をとることにしました。

5-27-4m-044.JPG


で、地球の歩き方に書いてある日本語フォントのあるインターネットカフェに、電車で行ったのですが、なんと!倒産していた。仕方なく、地元のインターネットカフェに入ろうとするわけですが、ここで問題がおきます。

1.日本語フォントが無いので日本語サイトが読めない。
2.ドイツのキーボードは、日本と文字配列が違う。
  具体的にいうと円マーク(\「」)なんがないために、
  それをパスワードに使用していたら使えない
3.アルファベットが英語と違う
4.インターネットエクスプローラーは一般的でない

 つまり、普通のインターネットカフェではらちがあかない。
 困った! 
 本当に困った!
 と思っていると名案が浮かびました。

「ユースホステルのコイン式インターネットカフェなら、日本語フォントがあるかもしれない。ユースホステルなら、大勢の日本人学生が泊まっているはずだ! となると、中にはパソコンに詳しいやつがいて、日本語フォントをダウンロードしているに違いない!」

この読みはスバリ当たって、ミュンヘンのユースホステルの有料インターネットでは、日本語サイトが、バッチリ見ることができました。そこで、3泊分の宿の予約を行ったのです。

 日本人学生諸君よ、あんたは偉い!
 誰がやったのかは分からないけれど、
 よくぞ日本語フォントを
 ダウンロードしてくれました。




ミュンヘンのユースホステルの有料インターネット
5-27-4m-060.JPG


 という訳で、ドイツでインターネットカフェに入る時は、日本語フォントに気をつけてください。パスワードなんかも、気をつけた方がいいです。変な記号を使うと、ドイツのパソコンで苦労するはめになります。

 ところで、世界で一番便利な予約サイトが、ブッキングコムです。

 http://www.booking.com/

 ユースホステル協会にも予約サイトがありますが、
 非常にレスポンスが遅い。
 でも、ブッキングコムは、即時予約ですから
 旅先で、前日でも予約可能です。
 しかも日本語で対応してて、ホテルまでの詳しい地図もある。
 こうなるとツーリストインフォメーションが、廃れるわけです。

 ドイツユースホステル協会の予約サイトは、ほんとうにレスポンスが遅い。何度も催促をしないと駄目です。メールの返事は来ないと考えた方が良い。

 だから、どうしてもブッキングコムに頼るわけですが、どうしてもユースホステルに泊まりたい場合は、電話することですね。日本国内から電話をして予約をとり、確認のファックスを送るのが一番確実です。


ブッキングコムの画面

5-27-4m-039.JPG

5-27-4m-026.JPG

つづく
posted by 風 at 05:21| Comment(0) | 宿屋からみた2009年のドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。